ほぼ適当な感じで

ほぼメモ感覚で書いたます。あまり役に立たないことばかりだとは思いますが生暖かく見守ってください

『パージ』『パージ:アナーキー』

 

 

Aphex Twinのジャケット見たいな感じで興味を唆られたので1作目と2作目を借りて見た

 

あらすじ

経済が崩壊した後のアメリカでは、「新しいアメリカ建国の父たち」を名乗る集団が全体主義的な統治を行っていた。「父たち」は1年に1回、すべての犯罪が合法化される夜(パージ)を設けた(夜7時から翌朝7時までの12時間)。この間、すべての警察消防署、医療サービスが停止される。パージの導入によって、犯罪率と失業率は1%にまで低下し、経済状況も改善したのである。大衆はパージをカタルシスをもたらしてくれる行事だと思っていたが、実際は「父たち」が大衆をコントロールするための行事であった。なぜなら、パージの夜に犯罪の標的となるのは富裕層ではなく、貧困層だったからである。

そんな状況下の2022年3月21日、ロサンゼルス近郊の富裕層の居住区に住むサンディン家は、パージの前に逃げ込んできた男を匿ったために、犯罪者たちと戦うことになってしまった。

                  パージ (映画) - Wikipediaより引用

 

 

Purgeの意味は余分なものを切り離す、追放する、浄化する

一年に一回何でもやりたい放題出来るという事で些細な事でも殺人を犯す動機になり、自分自身に降りかかる事を考えて行動しなくてはならない

映画の中でもホームレスというだけで命を狙われる人や、自分は正義の鉄槌を下してると思い込んでいるがただ単に殺しがしたいだけの人物、金稼ぎがしたいために貧民を拉致し富裕層に売り飛ばす人物も登場する

 あらすじにも書いてあるが犯罪の標的になるのは貧困層が多いのは富裕層はパージに参加しない人は自宅に厳重なバリケードを貼って巻き込まれないようにする、自分を守る武器も種類豊富に所持している

貧困層の人は武器も碌に無くバリケードも破られやすい物しか用意出来ないでいてその日を無事に過ぎる事を祈るしかない アナーキーでは政府主体で貧困層を粛清する軍隊が登場し要は映画の中では貧民層の人は政府から必要無いとされ計画的に粛清されている 排斥される側も自分たちが貧民であるからこそ粛清されると気付いており富裕層、政府に反旗を覆すパージ反対団体も登場し対立する

 

 

 

1作目2作目で同じ世界、別の年•別の場所で起きた事を映画にしているので1作目見てないと理解出来ないとかはないので僕は見るなら『パージ:アナーキー』だけでいいと思います

1作目は僕の中ではビミョーなので